美和建築工房

湘南・大磯・平塚のリフォーム・新築住宅は美和建築

新築住宅

新築住宅

注文住宅・賃貸マンション・アパートの新築

ハウスメーカー、工務店、設計事務所それぞれにメリット、デメリットがあります。
注文住宅に関して言えば、ハウスメーカーや工務店は規格の範囲での自由設計であり、真の意味の注文住宅ではありません。規格以外を取り入れると割高になります。
また、建築士はいても建築家はいません。重要なプランニングの段階で営業マンが対応することはよくあることです。建築士は契約後、申請図面と実施図面を書くのが主な仕事であることが一般的なのです。

かといって設計事務所に頼むというのは敷居が高いように思われている方が多いと思います。前者と違って設計料が一般的に工事価格の10〜15%かかりますし、設計事務所は設計監理をしますが、施工はおこなわない点も、日本では馴染みのないやり方で頼みづらいのではないでしょうか。

私たちの特徴は最初から建築士が入り、一番重要なプランニングから対応することです。
最初のお打合せから工事完了まで一貫して専門家が対応します。営業マンもはません。大袈裟なショールームや過度な広告もいたしません。営業マンや広告の莫大なコストはすべてお客様がお支払いになる金額に上乗せされているのです。

私たちはお客様の支払う金額から適正な利益のみ差引、あとは純粋に工事価格に充てられます。少数精鋭でコスト削減で、自然で良質なものを適正な価格でご提供いたします。
最初から最後まで専門家が関わり、予算も含めて貴方だけの最適なプランをご提案いたします。安心して貴方の想いをご相談ください。

30坪前後で区画して傾斜や木々や草花を無視してきれいに整形した土地に規格化された住宅が建ち並んでいく風景に疑問を感じます。土地も唯一無二のもの、家のカタチも家族のカタチも同じものはありません。

オンリーワンの住まいづくりを私たちと一緒にしませんか?

住宅メーカーでは建てたあとの保証をよく耳にしますが、2004年4月に施工された「住宅の品質確保の促進等に関する法律」(品確法)によって、すべての新築住宅に瑕疵担保責任が義務付けられました。これにより、施工業者は、引き渡しから10年間、雨漏りや基本構造において問題が発生した場合にはその補償を行わなくてはならなくなりました。